エコでクリーンな住まいを

自然との共存を考え、ファカルタなどの植林木合板や、木材をあますことなく用いた特殊HDF、建築リサイクル材を主原料とした高密度木質ボード(パーティクルボード)を基材に用いたフローリングもあります。

基材 シリーズ
特殊HDF+植林木合板 4000
ハイブリッドベース
(特殊HDF+南洋材合板)
WILD・WP、YAMATO 大和(YP11~13、21~23)、新AA、
7100、新NA、新HA
高密度木質ボード(パーティクルボード) 3000
特殊HDF+国産針葉樹(ヒノキ)合板 YAMATO 大和(YP01~03のみ)、JX

また、住宅の高気密・高断熱化にともなってシックハウス症候群が問題となっていますが、当社製品はすべてJAS規格で定められているホルムアルデヒド放散量F☆☆☆☆(フォースター)に合格しています。他にも、銀イオンを配合した塗装を施した床材など、健康や環境に配慮したフローリングも数多く取り扱っています。

ISO9001

一貫した製品・サービスを提供し、顧客満足を向上させるためのマネジメントシステム規格に適合していることの証です。
東洋テックスでは2012年に多度津工場において、ISO9001を取得しています。

JAS認定工場

多度津工場では、JAS規格に適合した商品を認定し、出荷することができます。
当社製品はすべてJAS規格で定められているホルムアルデヒド放散量F☆☆☆☆に合格しています。

国産材マーク認定商品

日本は国土の約7割を森林が占める世界有数の森林国家ですが、日本の木材自給率は25%と少なく、輸入材を用いることが主流となっています、しかし、国産材を使えば、日本の森林再生に加え、環境向上、国土保全など様々な利点があります。東洋テックスの製品では、YAMATO 大和(YP01〜03)で90%以上、JXシリーズで70%以上、国産材を使用しています。

【認定商品】YAMATO 大和(Y01~YP03のみ)・JXシリーズ

エコレールマーク認定

地球環境に優しい鉄道貨物輸送を一定以上利用しているとして、平成27年2月26日にエコレールマーク認定企業として認定されました。第35回認定(2017年)でエコレールマーク認定企業は全国で85社となりましたが、四国では東洋テックスが唯一です。

【認定商品】YAMATO 大和、7100シリーズ、AAシリーズ